千葉ロッテvsオリックス第20戦IN京セラドーム@千葉ロッテ

Back to the 2003 とならないことを祈ります。

【千葉ロッテvsオリックス 13勝7敗 京セラドーム 15080人】
 千葉ロッテ 2- オリックス
*詳しくは公式スコアボード

ついに出ました。

4番DH福浦!(はやく谷保さんに叫んでもらいたい)

泰均さんの加入により本職の1塁守備はおろかスタメンに顔を出すことも少なかった開幕当初。
少ないチャンスの中、確実に結果を出すベテラン気質で徐々に信頼を勝ち取ると、後半戦からはDHスタメンを勝ち取り、残り20試合を切った今日、ついに4番を奪取!!くぅ~、あんた最高や!
「お金がない」以上のサクセスストーリーに心ウキウキです。
さっぱり記憶の無い福浦4番起用なのですが、どうやら2003年7月以来とのこと。あまりの主軸の不振に悩みに悩み、裏返っての思いつき采配、じゃないことを祈ります。思い出すのは選手起用だけで、チーム順位4位で終わったことまで思い出さないでもらいたいものです。

あまりのスタメンの衝撃に試合について書いていませんが、簡単に書けば、
俊介が久保り、打線が木佐貫の前に竹原った。
ってことでしょう。あと京セラのエリア52は脅威の併殺ゾーンってことですね。

残念な2敗で首位とは3.5ゲーム。気がつけばオリックスさんが2.5差まで来てます。
しかしながら、まだまだまだ!まだ何も決定していません。
明後日からの所沢3連戦。4番福浦の爆発と、泰均さんの意地に期待しましょう。

千葉ロッテvsオリックス第19戦IN京セラドーム@千葉ロッテ

オリックスさんの勝ち方に、軽く嫉妬

【千葉ロッテvsオリックス 13勝6敗 京セラドーム 14145人】
 千葉ロッテ 4- オリックス
*詳しくは公式スコアボード

9回表、塀ちゃんの時空を捻じ曲げるマジックバントが決まったときには「いけるッ!」と思ったんですが…。最後は後藤のファインプレーに阻まれジ・エンド。上位2チームが揃って勝っているだけに痛い敗戦です。

序盤から僅差なゲームとなっていただけに、4回表の今江にはバントをして欲しかったかなと。確かに好調なバッターですし、後に続くのが不振の大松と打率の低い的場ですが、それでも多少は千尋を揺さぶれたはずですしね。
マーフの投球についてあーだこーだ言う前に、この辺りの攻め方についてもコメント下さいね西村さん。マーフについては嫁を来日させれば済む話です。

逆にオリックスさんには、ベテランを代打起用して試合をひっくり返すという、なんだか見ていて嫉妬してしまうような勝ち方を見せ付けられてしまいました。こりゃうちも負けてられませんよ!今からでもコーイチさんを難波に緊急招集しましょう。

明日は天敵木佐貫との対戦。
なんとか勝利をもぎ取り、よい雰囲気で西武ドームへ乗り込みましょう。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第24戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

今年っぽい不思議ちゃんな勝利で、ハム戦締め

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 13勝10敗1分 千葉マリン 26894人】
 千葉ロッテ -1 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

10安打で1得点なハムさんと、6安打で5得点なロッテ。
昨年までとは真逆な、ある意味今年っぽい、不思議ちゃんな勝利でハム戦終了です。
初っ端から久の乱調などで波に乗り切れないハムさんですが、対ロッテについては最後まで「らしさ」が戻らなかった、そんな印象を持ちますね。まぁ、そのおかげで、ウチは今の順位にいられるのだけれど。

昨日のペンの好投で一気に来季助っ人契約が混沌としてきたことが原因かはわかりませんが、コーリーが暑さに負けず5回まで粘投を魅せて見事3勝目。四球でハム打線のバットの振りを鈍らせて、キケンな棒球をうっかり見逃させる高等技術が見事にはまったようです。秋を感じますね。
昨日の悔しさをぶつける様に、1死満塁から登板し2イニング6個のアウトを全て三振で奪ったシンゴの好投も光ります。中継ぎへの配置転換でもチームのために全力を尽くすベテランには最敬礼を送りたくなりますね。やっとこ鉄腕伊藤が一軍復帰しましたが、シンゴがいれば今まで以上に少ないイニングで全力投球が可能となります。終盤戦に中継ぎが充実してきたのは頼もしい。古谷、遅れんなよ。

さて、上位が揃って勝ったため、ゲーム差は変わらず。
来週はオリ2連戦と西武3連戦。「和」の心でもって、一戦一勝目指して参りましょう。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第23戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

ヘイデン鉄腕ペン

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 12勝10敗1分 千葉マリン 27789人】
 千葉ロッテ 0- 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

綺麗に整えられた髭スタイルでマウンドに現れると、バッタバッタとハム打線をなぎ倒し、10回までスコアボードに「0」を並べた俺たちのペン。妖しい気迫を漂わせるその姿に、ウォーレンを見ました。
ストレートは低めに集まり、カーブはボールゾーンへ落ちまくる。ほぼ2種のみでゴロを量産する投球は“マジック”と形容したいほどでした。ダルとの投げあいで、これ程の投球を魅せてくれただけに、勝たせてやって欲しかった。

打線のほうは、今日も終盤に何度か迎えた得点チャンスに後一本…。主軸にヒットは出てますが、バッターボックスでも悩んでいる現状では多くを望めず。残る試合は後わずか。いっそステップ方式で腹を括ろうや、泰均さん。

上位が負けてくれていただけに、今日勝てば大きかったのですが致し方ありません。
ハムさんとのゲーム差も縮まってきています。明日のコーリー確変に期待しましょう。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第22戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

試合でも残塁でも負けました

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 12勝9敗1分 千葉マリン 20110人】
 千葉ロッテ 1- 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

上位追撃のためにも勝っておきたかったカード初戦ですが、チャンスをモノにできず敗戦です。
ハムの継投の前に敗れた、というよりも、チャンスを旨く使えなかった、つまりはロッテだった、のようにも感じます。8回以外はランナーは出しているんですが、併殺やら何やらで結局は1点止まり。好調な今江の主軸起用を以前より訴えていましたが、もしかしたら西岡と並べた1・2番の打線のほうが効果的だったのかも、なんて思ったりしている昨今。小技を使える2番待望ですね。
雅彦ageにより早期に捕手代打策が解禁され、今日は5回から発動。ただ、現状の控え陣を見ても、いわゆる切り札的選手がいないってのが残念なところ。やはり、登場しただけで威圧できるベテランが欲しいですね。コーイチさんはまだですか?

さて、明日はダルが出てきます。
2試合連続負けは厳しいですよ、ここはマジック・ペンに期待しましょう。

千葉ロッテvs東北楽天第19戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

いやもう、采配が高尚すぎて

【千葉ロッテvs東北楽天 8勝11敗 千葉マリン 11632人】
 千葉ロッテ -2 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

爆勝で幕を明けた勝負の9月。
苦手楽天さんを相手に勝ち越しを決めたってのは好材料ですが、今日の采配が高尚すぎて若干置いてけぼり状態です。

・唐川離脱による中5日で140球近く投げる先発と、大差でも僅差でも投げるシンゴ&宏之。いや、シンゴは良かったけどさ。ってか昨日と今日で起用が逆じゃね?
・前打席でタイムリーの福浦に、奇策なムーニス・ショートフライ。
・今や守備の要である岡田を切っての1割起用、んでさっくり根元三振。DH解除せないかんわけで。

アレですかね。自らに課題を与え、その状況から、いかに生き残るか?を目標とした自虐的采配ってことでしょうか。それならば、これから先を見越した目先の1勝を取るための一方策とも受け取れますが…。
まぁ、試合をしっかり見ておりませんのでこれ以上は申すまい。
ともかく西岡や今江、足上げ効果抜群な泰均さんが元気なうちに、上位に喰らい付きトップを伺って行きましょう。
ソフトバンク森福から勝利をもぎ取り好調なハムとの3連戦、なんとか勝ち越したいですね。

千葉ロッテvs東北楽天第17戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

嫁の日本在住を模索すべし

【千葉ロッテvs東北楽天 6勝11敗 千葉マリン 16055人】
 千葉ロッテ 2- 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

ランナーを溜めてから、が真骨頂なマーフ。
ですが今日は2回、満塁の場面であっさりと草野にタイムリーを打たれると、一気に火が付き大炎上。先発してから最短となる3回5失点という残念な結果に…。いつもであれば、決め球がコーナーにビシッと決まって三振!って展開なんですが、今日はことごとく外れてしまったようですね。
やはり先週金曜に帰国してしまったナタリー夫人の不在が原因でしょう。マーフの快進撃は嫁無しではありえません。来季の契約オプションに幕張近郊のホテルエステ受け放題を付けて、夫人囲い込みを計るべきです。

打線は岩隈に要所を締められて無得点、あっさりとプロ100勝目をプレゼント。相変わらず節目節目に顔を出しますね、ロッテは。泰均さーん、ボール良く見てー!

明日からは勝負の、そして帳尻の9月が始まります。なんとか苦手楽天さんから勝利をもぎ取り、上位に喰らい付いていって欲しい。ベテラン俊介の投球で、流れを変えてもらいましょう!