千葉ロッテvs北海道日本ハム第16戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

腹を括るべきですよ、采配でも

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 9勝6敗1分】
 千葉ロッテ 1- 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

少ないチャンスをものにする日ハムと、チャンス過多でやっと他チーム並に得点できるロッテ。ともに「らしさ」を存分に発揮した試合、ですかね。
試合前、最近スローイングがどうも不自然に見受けられた里崎を抹消し、斉藤を登録。
『正捕手:的場』という、監督含めたベンチの意思が感じられる良い決断だと思います。
で、あればこそ。
5回の無死2塁の場面で、清田にバントを指示して欲しかった。
もちろん的場の打率はチョロチョロ状態ですが、こういう場面も想定しての正捕手起用でしょうに…。結果は一緒だったのかもしれませんが、ちょっと残念な采配です。もう少し腹を括った采配が見たかったですね。

試合には負けましたが見どころはありました。
序盤のミスを取り返す根元のタイムリーに、
正人の、まさに人生を賭けたような決死のバント敢行!
特に正人のバントには痺れました。ランナー1・2塁、しかも2塁ランナー福浦という超過酷な状況で成功させたことで、空いたセカンドのスタメンにグッと近づいたように思います。その後の守備にも笑顔で出場し、堀様も真っ青なジャンピングスローを決めるなど、負け試合で沈んだファンの心を鷲掴みに。後は秋に一発打てば、来季が見えてきますよ。

さて、ホーム6連戦の初戦をエースで落としてしまいました。
明日は俊介と、ルーキー中村です。
今年のロッテはルーキーを恐れません!信じて投げよ!俊介。