千葉ロッテvs東北楽天第17戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

嫁の日本在住を模索すべし

【千葉ロッテvs東北楽天 6勝11敗 千葉マリン 16055人】
 千葉ロッテ 2- 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

ランナーを溜めてから、が真骨頂なマーフ。
ですが今日は2回、満塁の場面であっさりと草野にタイムリーを打たれると、一気に火が付き大炎上。先発してから最短となる3回5失点という残念な結果に…。いつもであれば、決め球がコーナーにビシッと決まって三振!って展開なんですが、今日はことごとく外れてしまったようですね。
やはり先週金曜に帰国してしまったナタリー夫人の不在が原因でしょう。マーフの快進撃は嫁無しではありえません。来季の契約オプションに幕張近郊のホテルエステ受け放題を付けて、夫人囲い込みを計るべきです。

打線は岩隈に要所を締められて無得点、あっさりとプロ100勝目をプレゼント。相変わらず節目節目に顔を出しますね、ロッテは。泰均さーん、ボール良く見てー!

明日からは勝負の、そして帳尻の9月が始まります。なんとか苦手楽天さんから勝利をもぎ取り、上位に喰らい付いていって欲しい。ベテラン俊介の投球で、流れを変えてもらいましょう!

千葉ロッテvs福岡ソフトバンク第19戦INヤフードーム@千葉ロッテ

ドーリッツ!ドーリッツ!ドーリッツ!…
*飛び跳ねながら

【千葉ロッテvs福岡ソフトバンク 7勝12敗 ヤフードーム 32264人】
 千葉ロッテ -6 福岡ソフトバンク
*詳しくは公式スコアボード

一日で同率首位に返り咲き。
ゲーム差は無いに等しく、まだまだ入れ替わっていくのでしょうが、とりあえず今日のところは首位です。何度も首位に立つ喜びを味わえる、なんて上位3チームに絡んでいる特権ですよ?
試合のほうはと言えば、なんだか頂いたような勝利。今日の杉内はハーラートップの杉内ではなく、失点を重ねるブルガリアのほうが顔を出したようですね。初回を2点で終わらせず、しっかりと狙って打った大松のスリーランも見事ですがね。
中盤に猛烈に追い上げをくらいリードが3点になってしまったのですが、宏之にセーブが付いたくらいに考えましょうや。古谷と薮田は連投の疲れがあるのでしょうし、現段階で一喜一憂しても始まりません。この先もやってもらわねば首位争いはできませんしね。後は展開によるベンチの起用法で体調をカバーすることを(今からでも)期待しましょう。

さて、連戦が1勝1敗のタイに戻ってしまいました。野球はやってみなければ分からないものですね、明日のペンにも期待しましょう!

千葉ロッテvs福岡ソフトバンク第18戦INヤフードーム@千葉ロッテ

よし、相手の中継ぎはこんな感じか。

【千葉ロッテvs福岡ソフトバンク 6勝12敗 千葉マリン 31695人】
 千葉ロッテ 2- 福岡ソフトバンク
*詳しくは公式スコアボード

5回から森福て。
自慢の中継ぎ陣はせめて7回から、にして頂きたいものです。

9回表にもチャンスは作りましたが、後一本が出ず。
せめて森福にヘアスタイル以上にヒヤヒヤさせる展開にしたかったのもです。

まぁ、向こうの中継ぎ陣の状態確認が出来たってことで超ポジティブに考えましょう。
明日、明後日勝ちゃえーねん!
まだまだ何も決まってません。切り替えて一戦一戦全力で参りましょう!

千葉ロッテvs埼玉西武第21戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

ゲーム差無し、同率。
でも首位だもんっ!

【千葉ロッテvs埼玉西武 13勝8敗 千葉マリン 29154人】
 千葉ロッテ -1 埼玉西武
*詳しくは公式スコアボード

試合結果がわかってからライブTVハイライトを見たのですが、
それでも、岡田のタッチアップには鳥肌が立ちました。
セーフの判定を間近で見ていた西岡が飛び跳ねながら喜んでいる姿を見て、2005年プレーオフ最終戦に初芝が逆転のホームを踏み、ベニーちゃんが狂気乱舞していた光景を思い出しますね。チーム一丸となって勝利をもぎ取った、まさにそんな試合だったと思いますよ。
ロッテ以上に勝利に並々ならぬ執念を燃やしている岡田オリックスさんがソフトバンクと引き分けてくれたおかげで、上位3チームが一直線に、並び鼻の差でソフトバンクと同率で首位に立ちました。明日からはその同率との3連戦が始まります。
こっからが本当の根くらべ。どこが一番優勝に執念を燃やせるか?最後まで諦めず一戦一戦に集中して行きましょう!

千葉ロッテvs埼玉西武第20戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

首位への架け橋弾

【千葉ロッテvs埼玉西武 12勝8敗 千葉マリン 22366人】
 千葉ロッテ -2 埼玉西武
*詳しくは公式スコアボード

連敗に苦しんでいる首位様のミスに付け込み、7回までに2点をリード。
8回表に逆襲の獅子が牙を剥き、シンゴから2点を奪い同点に。
8回裏には超絶ベテラン工藤が登場。
この展開ならば普通、
『9回に勝ち越し西武連敗ストップ&工藤今季初勝利!&ロッテ(´・ω・`)ショボーン』
というシナリオで決まりですよ。なのに、

サブローさん素敵過ぎ!

8月も終盤に入り、秋に向けて一気にギアチェンジしたサブローさんが試合を決める本塁打で一発回答。さすがはロッテのベテラン、新加入の泰均さんには早々マネ出来ない芸当です。頼れる6番打者の活躍で、ついに首位とのゲーム差を1に縮めてしまいました。

明日は(ソフトバンクさんが負けてくれたら)首位を賭けた一戦です。
唐川の好投に期待しますよ!

千葉ロッテvs埼玉西武第19戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

全力勝利

【千葉ロッテvs埼玉西武 11勝9敗 千葉マリン 21291人】
 千葉ロッテ -2 埼玉西武
*詳しくは公式スコアボード

いつも通り。
と言えばそれまでですが、今日は6回を141球、被安打7、4四球で2失点にまとめるというなんとも不思議な方程式で、マーフ11勝目。
満塁のピンチを何度招いても、要所でコースを突く球を投げたり、味方の好守備を引き出したり…。
マーフの投球は謎だらけですね。どうやってあの嫁をものにしたのか?も謎ですが。

打のヒーローはアキラ効果絶賛継続中の福浦。
内角の球を旨く引っ張り、同点のタイムリーに逆転の内野安打と、計3打点の大活躍です。
無死満塁→2死満塁になった経過はさておき、あそこで一本出ていなければ、今日の試合はどう転んでいたか分かりませんでした。それだけにこの一本、そして試合を決定付けたサブロー弾は非常に効きました。
終盤に古谷に2イニングを投げさせたことは意見が分かれそうですが、勝負の6連戦の頭を全力で取りにいくことでチームに勢いをつけるという意味では、十分な継投と思います。今日の分、明日はシンゴが踏ん張ってくれるでしょう。

良い形で連戦スタート。明日は左腕石井カズが相手です。
いくらなんでも今日のヒーローがスタメンから外れて、的場以下の打率の人がDHに入ったりしませんよね、ね?西村さん!

千葉ロッテvsオリックス第18戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

かすれ気味のマジックペン

【千葉ロッテvsオリックス 13勝5敗 千葉マリン 24681人】
 千葉ロッテ 3- オリックス
*詳しくは公式スコアボード

登録即DH日高。
エース千尋を中継ぎ起用。
なんだか岡田監督の「今日は落とせへんで!」という気迫、というか怨念のようなものを感じますね。まるで短期決戦のような戦いっぷりには感服します。残り30試合以上あるんですけどね。ま、西村さんが今日の敗戦から何かを感じてくれれば儲けもの、くらいに捉えておきましょうか。

落差のあるカーブと速球のコンビが武器のペンですが、今日はその両方が曖昧になってしまったようですね。試合を一切見ていないんでアレですが、5回2/3を被安打9、Tの岡田さんに2発逝かれたことで、ちょっと投げ方に癖があるんじゃないか?と心配になってきます。次回登板の結果次第では先発6枚目の入れ替えもありえます。踏ん張って欲しい。

泰均さんに久々の一発。6月下旬以来とか。
Tの岡田さんに2本プレゼントして主砲が復調すれば安い買い物、と考えれば今日の敗戦も前向きに捉えられますね。なんにしても勝ち越しですからね(←これ大事)。

さて、明後日からは勝負の6連戦が始まります。
ともかく、一戦一戦!出来る限り多くの勝利を積み重ねていただきましょう。

千葉ロッテvsオリックス第17戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

何かを期待してしまう勝利

【千葉ロッテvsオリックス 13勝4敗 千葉マリン 28142人】
 千葉ロッテ 7x-6 オリックス
*詳しくは公式スコアボード

満塁弾を満塁弾で返すという最大奥義をもってしても、差は1点。
追加点を許し、サブローさんのツーランが出ても、まだ同点。
最後の最後、不振に喘いでいた大松が好調時の懐かしい放物線を描いての、劇的なサヨナラ弾。
ロッテが本塁打3発で負け試合をひっくり返してしまいました。
こんな試合されたら、秋の何かに期待してしまうではないかっ!

正直、大松に一発&3安打が出たことは、かなりの好材料ですね。
まるで自分のことのように喜び大松に抱きついていた泰均さん、次はアンタに期待です。
今日は中継ぎ陣の踏ん張りも光りました。薮田・シンゴ・宏之のベテラン方程式の好投もですが、オリックスの勢いを必死にくい止めようとした上野・古谷も良く頑張りましたよ。

さて、明日もオリックス戦。ペンよ、カラバイヨへのカーブは要注意で。
え~、ところで今江は大丈夫なのでしょうか?離脱はかなりの痛手なのですが…。

千葉ロッテvsオリックス第16戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

男が男に惚れたとき

【千葉ロッテvsオリックス 12勝4敗 千葉マリン 17158人】
 千葉ロッテ -1 オリックス
*詳しくは公式スコアボード

もうね。今日は、
対オリックスの戦績がどうとか、
成瀬がどうとか、
天敵木佐貫からどうとかなんかより、
男:福浦のベンチリポートに尽きます。

福浦 【4回先制2点適時打】
「…前文略
本当は同期入団で同級生のアキラ(大塚)が引退を表明した昨日の試合で、アキラのためにいい打撃を見せようと狙っていたのだけれど、それがちょっと空回りしてしまった。
一日遅れだけど、きょうもアイツのことを考えながらプレーをしている。アイツの分まで俺は頑張るよ。」
(携帯公式ベンチリポートより抜粋)

。・゚・(ノД`)・゚・。
どんだけ泣かせる気やねん和也ぁああああー!
ごく普通なサラリーマンの私が同期入社の仲間に言ったならば、完全に勘違いされるだろう深すぎる愛情?を感じるような文章ですが、福浦が言うと様になるから不思議です。ドンピシャで同級生な私としては微笑ましくも、そして羨ましくも感じます。ええね、男同士の絆。

明日もオリックスとの試合です。
今日も好救援したシンゴ。明日はシンゴの雄的コメントが欲しいです。
期待してますよ。

大塚明


ブログ見てやっと知りました。
腰をグッと落とすバッティングスタイル、外野守備に就く時に魅せる変態的ストレッチ、もう見れないのか…。
2005年の交流戦、対横浜。
ヒットになるかどうか?判断の難しい打球が外野に飛ぶ最中、好走塁を魅せて決勝のホームを踏んだアキラ。あのあたりからチームも波に乗り交流戦優勝えと突き進みました。
決して派手ではないものの、地味に、時にゆったりとファンを魅了した大塚明のプロ選手は終わります。本当にお疲れ様でした。
引退試合やりましよね?
ファン総出で、精一杯の力こぶで送り出してやりましょうや。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第21戦IN東京ドーム@千葉ロッテ

まだ8月ですよ、サブローさん

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 12勝8敗1分 東京ドーム 25452人】
 千葉ロッテ -0 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

平日のナイターは携帯公式ゲームライブでのチェックが基本線。
通常、チャンスで打席にサブローを迎えたときには、
「貫禄の4-6-3だな」とか、「芸術的セカンドゴロで」とか、凡退スタイルを勝手に予想しながら携帯画面をスクロールして楽しむのが日課です。今日は「気負いすぎのファーストファールフライ」と読んだのですが…
なんとビックリ満塁ドームラン!!
えーと、まだ8月ですよ?ベテランが咆えるにはまだまだ早いっすよ。大怪我しないか逆に心配になってきます。
サブロー弾で勢いに乗った打線は中村を引っ込めた後も井口さんのタイムリーに清田のハツラツタイムリーと波に乗り、終わってみれば7得点。昨日からの超攻撃的走塁がちょいと心配ではありますが、猛暑の中、点が取れていることにとりあえず安堵しています。
投げては唐川が復帰後連勝、4安打完封劇。
かっ飛びドームで被弾せず完封に納めた投球術、130球以上を投げきってくれたことで指は完治したと見てよいでしょう。ライブTVハイライトしか見ておりませんが、大きく沈むカーブが要所で決まっていた様子。マーフ、ペンと同じく今年のロッテ投手陣はカーブが命、という感じがしてきますね。成瀬にもカーブがあればもしかしたら…。

鬼門で勝ち越しを決めた後は、ホームで迎えるオリ3連戦。
さっそく木佐貫ですか…。前回はなんとか粘り勝ちましたが、そう何度もあんなツキはありません。改めて気を引き締めて行きましょう。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第20戦IN東京ドーム@千葉ロッテ

ドームの俊介は取り扱い注意

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 11勝8敗1分 東京ドーム 25171人】
 千葉ロッテ 5- 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

毎日暑いですね。
公式スコアボードでは気温30度ですって。東京ドームはどれだけ熱気を取り込んでいるんでしょうか。
ま、その熱気の一部は間違いなくロッテファンと西村さんの頭から発せられた熱気でしょうけど。

ドームの俊介の怖さが一気にでた序盤の炎上劇。一気呵成なハム打線の勢いも凄いのですが、3回で6失点では試合を壊しすぎです。
打線は地の利を生かした追撃を魅せましたが、それも4・5回のみ。それ以外は無安打ってのはやはり寂しいですね。西村さんの怒りの矛先が俊介と泰均に向いているようですが、んなこたファンも十分分かってますから。事象に対する策ってものを、明日以降の試合で見せてください。

明日の相手はルーキーの中村さんですか。
清田!こんどこそ顔では負けても野球では勝ってくれ!

千葉ロッテvs北海道日本ハム第19戦IN東京ドーム@千葉ロッテ

マーフが勝った!二桁勝ったっ!!

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 11勝7敗1分 東京ドーム 31172人】
 千葉ロッテ -2 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

チーム一番乗りとなる二桁勝利を決めるのは誰なのか?
そんな予想レースがあったとしたら、大穴中の大穴でしょう。

今シーズン幾度もチームの窮地を救ってくれたメシヤ・マーフが区切りの10勝目を決めてくれました。
毎回のようにランナーを背負うも初回以外はホームへ返さない、らしいっちゃらしいピッチング。
お盆時期です、きっと歴代のロッテ助っ人陣の生霊がホーム前でランナーの生還を堰き止めてくれたんでしょう。シーズンはまだまだ続きます。これからも勝ち星の量産を期待しますよ。

マーフを盛り立てるように打線も奮起。
今江が連日の爆発でチャンスメイクすれば、井口さんが全打点をあげる活躍。癒し系バッターと化している泰均さんをこの二人で挟む打線を組めば、もっと得点力が上がると思うのですが金森さん。そして今日も早々に捕手に代打、良い作戦ですが第3の捕手がいない状況でのこの一手は胃に良くないです。早期の対応で緊急事態の回避を期待しますよ。

初戦から3タテの心配がなくなってしまいました。
明日はドームで俊介です。被ドームランは少なめにお願いしますよ。

千葉ロッテvs東北楽天第16戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

最後の最後、バットじゃなくてボールが飛んだ!

【千葉ロッテvs東北楽天 6勝10敗 千葉マリン 26873人】
 千葉ロッテ 6x-3 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

「ボール・ペン」という愛称を全てのロッテファンが思い浮かべただろうと思うくらい、序盤制球に苦しんだペン。ノリの狙いすましたようなレフトへのタイムリーに、鉄平のゴルフスイング2点本塁打で早速3点のビハインド。今日のペンは完全に風に振り回されていましたね。武器のカーブが思ったところに行かず、ストレートを打たれる場面が目立ちました。次回までに対策を。
楽天の先発は田中だっただけに、かなり敗戦を予感していたのですが、ロッテ下位打線とファンタジックな楽天守備陣が今日も救ってくれました。3回裏、ショート内村のお手玉で出塁した的場が岡田の右中間タイムリーで劇走を見せて1点を返し、4回には四球で溜めたランナーを清田が技ありタイムリー+楽天の中継乱れで2点を返し同点に。田中を相手に序盤で追いついてしまいました。岡田に清田。シーズン序盤にはいなかった二人の若手外野手が引っ張っての同点ってのは嬉しいですね、試合を重ねるごとに守備力だけでなく打力でもチームの力となっています。
その後は互いの中継ぎ陣が踏ん張ります。投げるたびに良くなっていく古谷に、貫禄さえ感じるシンゴの投球術。これに伊藤が復帰したら秋は万全です。
そして延長の末訪れた今江のバックスクリーンサヨナラ弾!ひとり打撃好調をキープしている今江ですが、最近では里崎バリにバットを投げるシーンが多く心配していたのですが、最後にやっとボールだけが飛んでいきました。こりゃもう2番はもったいないっすよ西さん。きっちりバントを決めた岡田を2番に戻し、課題の5番でどうですか?

さて、苦手楽天さんに勝ち越して、明後日からはハム3連戦。
上位は混戦です、3タテだけは回避しましょう。

千葉ロッテvs東北楽天第15戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

バッテリー呼吸の必要

【千葉ロッテvs東北楽天 5勝10敗 千葉マリン 26337人】
 千葉ロッテ -2 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

2安打なのに3得点。
ネタでは完敗しましたが、試合には勝ちました。あざーっす。
高校野球、特に地方大会なんかを見ていると、無安打で点が入るってのはよくある話ではありますが、ワンエラーで2点てのはそうそう、ねぇ。改めてバッテリー間の呼吸の重要性ってものを感じます。と同時に、満塁という状況がどれだけ危険で、どれ程のチャンスなのかということも改めて感じますね。
助けていただいた様な勝ちで、対楽天戦績もやっとこダブルスコアの5勝10敗。ともかく打線が復調しないことには始まりません。ここ最近好調な今江をクリーンアップに据える打順を是非とも試して欲しいのですがね西村さん。
投げては吉見が連勝で5勝目。ヒロインでの笑顔からも日に日に硬さが取れてきたようで、見ていて嬉しくなってきます。中継ぎも無失点で繋ぎ、投手陣は復調気味。とうとう8回を任されるようになった古谷の活躍は今年最大の収穫となるかもしれませんね。

さ、明日はホーム6連戦最終戦。勝って締めて東京ドームへ繋げましょう。
シャープなペンの投球に期待です。

千葉ロッテvs東北楽天第14戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

福浦の一打でスタンドが沸いてしまった時点でアレですよ

【千葉ロッテvs東北楽天 4勝10敗 千葉マリン 23627人】
 千葉ロッテ 0- 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

来日してかなり経ちますが、以前よりラズナーを見ると「誰かに似ている…」という思いに駆られていました。
いつも「誰だっけかなぁ~」「俳優さんだっけかなぁ~」「他のスポーツ選手?」なんて色々考えているうちにロッテの攻撃が終わってしまっていたものです。
んが、今日やっとその謎が解けました。
レコや!
K-1きっての伊達男として有名なステファン・レコやん、あーすっきりした。知らない方はリンク先へ。
総合では瞬殺されるも、立ち技だけなら5戦に1戦の割合で好試合を演じるレコ。まぁ私も高速バックスピンでダウンを奪うレコくらいしか記憶にありませんが…。今日のラズナーは、そんなレコにも似た割合で好投を魅せてくれやがりました。
7回1死までノーヒットピッチ。福浦の芸術的バッティングが無ければ楽天の継投の前にノーヒットを喰らっていたかもしれない試合だっただけに、あの一本に沸いたのは分かります(私も沸きましたし)。が、それだけじゃ勝てんのですよね。打線の奮起!これしかありません。そして選球すべきときは選球する、送るべきときにしっかりと送る、そんな細かい野球も必要でしょう。ま、今日は誰が投げても一緒っす、気を落とすな成瀬。

さ、どうでもいい疑問が解けたところで、いいかげん楽天さんに勝ちましょう。
吉見の好投に期待しますよ。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第18戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

褐色のヒーロー達

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 10勝7敗1分 千葉マリン 22103人】
 千葉ロッテ -2 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

おかえり唐川。
お手製のプラカードを振るご婦人だけでなく、我々おっさん連中も復帰を心待ちにしておったのですよ。
初回からランナーを背負う苦しいピッチングでしたが、要所で三振を取れていることに「らしさ」を感じますね。苦しい先発事情ですが、変に気負わず、泰然自若で参りましょう。
そして伊藤が抹消された現在、大回転大当たり告知されたのが古谷とシンゴ。安定感の出てきた古谷には最近投球に気迫が出てきましたし、シンゴは中継ぎの実績十分です。残りシーズン、どうにか踏ん張ってもらいたいところですね。あ、もちろん伊藤の早期復帰も心待ちにしていますよ。

打線はハム先発木田をフルボッコで5得点しましたが、その後は鳴かず飛ばず。今日のところは勝てたことが重要ではあるのですが、中々調子が上がらない大松にはもうひと踏ん張りを期待したいところ。それとセンター岡田にライト清田って布陣はなかなか良いですね。あとはサブローが秋にベテランの意地を出せば問題無しです。

さ、久々にホームで勝利。明日以降も続けて行きましょう。
二桁決めましょう成瀬!

千葉ロッテvs北海道日本ハム第17戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

満を持して、プロの厳しさを教わる

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 9勝7敗1分 千葉マリン 20477人】
 千葉ロッテ 3- 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

『今年のロッテはルーキーを恐れません!』とか、昨日の記事に残したりすると、こうなるんですよね。ちょい調子にノッたことを後悔しております。
まぁ、「ロッテだから」と言えば説明は付くのですが、中村くん見たいなシュッとした顔の好青年に抑えられると、なんか通常の倍悔しいですね。うちのルーキー清田は2三振てか…せめて野球では勝っ

それでも中村くんが降板以降、追い上げを見せた打線ではありますが、やはり主軸のお休みモードが痛いですね。泰均・サブは音なしですし、打順が下がった大松も安打は放つも本調子にはまだまだ。そろそろ2番今江固定をいじる段階ではないでしょうか?

さて、ホームに帰っていきなりの3タテはなんとか阻止して欲しいところ。
唐川の復帰を打線爆発で大いに盛り立てて上げてくださいよ。

千葉ロッテvs北海道日本ハム第16戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

腹を括るべきですよ、采配でも

【千葉ロッテvs北海道日本ハム 9勝6敗1分】
 千葉ロッテ 1- 北海道日本ハム
*詳しくは公式スコアボード

少ないチャンスをものにする日ハムと、チャンス過多でやっと他チーム並に得点できるロッテ。ともに「らしさ」を存分に発揮した試合、ですかね。
試合前、最近スローイングがどうも不自然に見受けられた里崎を抹消し、斉藤を登録。
『正捕手:的場』という、監督含めたベンチの意思が感じられる良い決断だと思います。
で、あればこそ。
5回の無死2塁の場面で、清田にバントを指示して欲しかった。
もちろん的場の打率はチョロチョロ状態ですが、こういう場面も想定しての正捕手起用でしょうに…。結果は一緒だったのかもしれませんが、ちょっと残念な采配です。もう少し腹を括った采配が見たかったですね。

試合には負けましたが見どころはありました。
序盤のミスを取り返す根元のタイムリーに、
正人の、まさに人生を賭けたような決死のバント敢行!
特に正人のバントには痺れました。ランナー1・2塁、しかも2塁ランナー福浦という超過酷な状況で成功させたことで、空いたセカンドのスタメンにグッと近づいたように思います。その後の守備にも笑顔で出場し、堀様も真っ青なジャンピングスローを決めるなど、負け試合で沈んだファンの心を鷲掴みに。後は秋に一発打てば、来季が見えてきますよ。

さて、ホーム6連戦の初戦をエースで落としてしまいました。
明日は俊介と、ルーキー中村です。
今年のロッテはルーキーを恐れません!信じて投げよ!俊介。

千葉ロッテvsオリックス第15戦INスカイマーク@千葉ロッテ

気の引き締まる勝利

【千葉ロッテvsオリックス スカイマーク 31029人】
 千葉ロッテ -6 オリックス
*詳しくは公式スコアボード

終わってみれば3タテですが、残った印象は「やっぱり怖いオリ打線」。あのチャンテ聞くだけで二の腕辺りが寒くなってきます。
後藤・北川に一発(北さんはびっくり二発)を打たれ坂口にいい様に暴れられても勝てたのは、終始リードを保ってくれた打線の活躍あってこそ。中継ぎ投手の前倒し起用は多分にリスクをはらんでいるってことが良く分かった試合でした。頼れる右の中継ぎがもう一枚欲しいところですね、内はなにやってんだ?

それにしても先発のペン。初めてその投球を見ましたが、これは期待できますね。カーブがすんごい落ちますね。Jスポ解説の山沖さんも仰ってましたが、人差し指を立ててちょいナックル気味なことが落差を大きくしている様子。ストレートも140後半を出していますし、変化球のキレ次第では大きな戦力になりそうです。今日は西本さんの初見ということで5回までの起用でしたが、その後の薮田被弾があっただけに、もっと長いイニングを投げて欲しかったかなと。次回登板ではもう少し投げさせてやって下さい西本さん。

そして打線では、なんといっても青野のうれしい今季初本塁打!
バックスクリーン横に放り込まれた打球に、一塁ベンチ前で両手を振り上げていた姿を思い出しますね。その青野の代打で出場した福浦も貫禄のスリーラン、急遽ベンチに下がった井口の代役の代打で出場した根元にもタイムリーが飛び出し、控えに廻ることの多い選手の活躍を見れてテンションが上がりました。

予想外の連勝でガッチリ3位をキープ。明後日からは日ハム・楽天との6連戦です。
気を引き締めて一戦一勝で行きましょう。

千葉ロッテvsオリックス第14戦INスカイマーク@千葉ロッテ

惚れてまうやろ

【千葉ロッテvsオリックス 10勝4敗 スカイマーク 21834人】
 千葉ロッテ -0 オリックス
*詳しくは公式スコアボード

対角に伸び上がるストレートに、人を喰ったような緩いカーブ。
外角低めに逃げるスライダーを決め球に、マウンドで跳ねる吉見。
おいおい、惚れてまうやろ、ってくらい見事な投球でした。
正直、初回の博打ターンが決まっていなかったらどうなっていたか?という不安はありますけが、ノッてる時の吉見はこんな投球が出来るのですね、なんとなく吉見の“かわいらしさ”が分かった気がします。ともかく3年振りのシャット、おめでとさん。
打線は危うく残塁新記録を更新しそうなほどの拙攻祭りでしたが、本塁打2本のおかげで点が入りました。泰均さんに待望の一発、金森さんの舌も久々に滑らかです。後は毎度のタイムリー欠乏症。リードしている場面で満塁なんだからファーストストライク振っていこうや。

さて、明日はとうとうペン登板。
今年最後の助っ人、メシヤに転ぶか?ネタに転ぶか?
期待してますよ(どっちにだよ)

千葉ロッテvs東北楽天第13戦INKスタ宮城@千葉ロッテ

的場が打ったっ!山室が投げたっ!
試合にゃ負けたっ!

【千葉ロッテvs東北楽天 Kスタ宮城 13950人】
 千葉ロッテ 3- 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

5年振りのマットン弾に山室初登板。
見どころのある試合ではありますが、さっくり負けましたね。
ライブTVのハイライトを見ましたが、サブローの美しいお手玉を見ているとついつい涙目で遠くを眺めてしまいます。結果は残念ですが、秋親で繋いで根本や山室を起用した継投には賛成です。根本が何気に良くなってきてますね、ともかく伊藤君が休めて良かった。
西村さんが初退場ですか…。多少パフォー的な要素もあるのかもしれませんが、流れを変えられず。どこぞの監督の言葉じゃありませんが、夏場は打てないとキツイです。ここはいっちょ、思い切った打順入れ替えで打開策を計ってみましょうよ西村さん。

さて、今日でBクラスに突入です。
ここでゆったりするのか?再度反逆に廻るのか?ベンチで厳しい表情を見せているロッテナインに残っているだろう反骨心に期待します。
好調オリックス戦初戦は木佐貫ですか…。

打てねぇだろうなぁ。

千葉ロッテvs東北楽天第11戦INKスタ宮城@千葉ロッテ

伊藤君を救おうの会

【千葉ロッテvs東北楽天 4勝7敗 Kスタ宮城 13329人】
 千葉ロッテ 3- 東北楽天
*詳しくは公式スコアボード

さすがは鬼門Kスタ。メシヤ・マーフをしても勝てませんか。
本調子ではない岩隈を相手にチャンスは多く作りましたが、いつもの「あと一本」が出ませんね。3・4番のスコアボードに1個でも赤文字が記載されていればなぁ。井口さんは秋に取っておくとして、今後の泰均婚約パワーに期待しましょう。

今さらですが、伊藤君の件。
今日で49試合目、3連投です。最近3試合に限って言えば…
序盤に大差をつけられても、
序盤の大量リードをひっくり返されても、
僅差のゲームでも、
伊藤・伊藤・伊藤です。
後半戦に限っては7試合で4試合に登板していますが、残りの3試合のうち2試合が先発完投です。1試合だけ古谷が好投しておりますが、ランナーを出す状況になっていたらきっと伊藤が出張ってきていたでしょう。
つまりは現状、先発が最後まで突っ張る以外、伊藤君の過労を救う手立てがありません。
今のロッテに先発完投が出来るのは(勝っても負けても)成瀬と俊介くらいなもの。昨日も多少書きましたが、ともかく投手陣の復調が急務です。多少結果を求めずとも、若手投手を鍛え上げるような積極起用が必要な気がします。

さて、明日は俊介と長谷部の対戦。
俊介、伊藤君を救おう!

千葉ロッテvs福岡SB第17戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

投手ロンダリングの悪循環

【千葉ロッテvs福岡SB 6勝11敗 千葉マリン 25193人】
 千葉ロッテ 9-12 福岡SB
*詳しくは公式スコアボード

今日も元気に二桁失点。
途中から山室の登場のみを楽しみにライブTV観戦していたんですが、結局出てきませんでした。確かに点差は3点でしたが、今日の試合内容で伊藤・薮田に2イニングづつ投げさせるくらいならドンドン若手投手を使って欲しかったのですがね。5回にマウンドにいる伊藤の姿は見ていて痛々しいです。

相手のミスに付け込んでの計9得点、5点のリード。
これが守れないのが現状の守備ってことですね。
先発の香月は初回からあっぷあっぷ。逆球のオンパレードと真ん中に吸い込まれる変化球。それでも5点のリードを奪った4回も香月で行って欲しかった、というのが個人的な希望。ブルペンのためにも、本人のためにも、ね。そりゃ勝つための采配としては交代が至極真っ当なのでしょうが、それならばロングの実績十分な秋親を使って欲しかった。
これは全体的に言えるのですが、若手投手と里崎との間でしっかりとした話し合いは出来ているのでしょうか?今日も首を振るシーンや逆球が多すぎます。最近の入れ替えの頻繁さで疲労の蓄積だけでなく呼吸の乱れまで招いてしまっているような気がしてなりません。ブルペンワークの価値が今、試されていますよ。

明後日からはビジター6連戦。
投手陣の復調の兆しとなるような試合内容を期待します。結果は二の次です。