千葉ロッテvs福岡ソフトバンク第4戦IN千葉マリン@千葉ロッテ

終盤まで喰らい付いた、と見るか、
追いつかない程度の反撃、と見るか。

【千葉ロッテvs福岡ソフトバンク 1勝3敗 千葉マリン 14792人】
 千葉マリン 3- 福岡ソフトバンク
*詳しくは公式スコアボード

最近のナイナイ岡村さんの露出の多さに負けないくらい、“首位”という枕詞で紹介されることが多くなった我らがロッテ。そんなチームを支える打線も、今日はソフトバンク投手陣の前に計15三振。特に先発の杉内一人で13三振て…。
ニュースやライブTVハイライトでしか確認していませんが、雨の中しっかりと指に掛かったスライダーに、ブンブン廻るバット。今日の杉内になら何を言われても仕方ありませんね。
それでも終盤、これまでいい当たりが出てもなかなかスタンドまで届かなかった井口さんに待望の一発。これがスリーランとなり一気に2点差まで詰め寄りますが、今日の反撃はここまで。下位打線からのチャンスメイクが少しでもあれば、また違った展開だったのかもしれませんが…。

ここまで2完投勝利とノッている大嶺でしたが、今日は「立ち上がりの不安定な投球を、なだらかに継続」する昨年まで良く見た大嶺となってしまった模様。被安打10で6回を投げて78球ですから、ソフトバンクさんがかなり早打ちで仕掛けてきた印象。ちょっと狙われていたのかも知れません。今日の結果は残念ですが、大事なのは次回登板で修正した投球が出来るか?です。次の登板では頼んますよ。
7・8回には昇格組の古谷・大谷が揃って初登板。特に大谷はイニング跨ぎもソツなくこなし、かなりの好印象。荻野貴とともにトヨタコンビがチームに勝利を呼び込む、そんな試合もそう遠くはなさそうですね。

終盤まで喰らい付いたと見るか、追いつかない程度の反撃と見るか、微妙な試合となりましたが、なんとなくソフトバンクに対して苦手な印象が付きつつあります。明日勝って、少しでも勝敗を近づけておきましょう。
頼むで成瀬。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック