まほろば旅行記(その3)@旅日記

忙しい期首時期になぜ
期間の短い開帳企画が多いのですか?せんとくん。
なんだか試されてる気がしますね。

【法隆寺】
画像

また来てしまった法隆寺。
通常の金堂+大講堂+大宝蔵院だけでもオーバーフローを起こすくらいの仏像数なのに、プラス秘宝展まで開催されて完全に脳内チップに書き込み失敗です。もう少し人出が少なければゆったり出来るんですが、そこは桜を背中に背負った世界遺産。ハンパないフォリナー団の数に背中を押されるように拝見せざるをえませんでした。
それでも基本的な宗教文化の知識の無い私には、今回の秘宝展は大変勉強になりました。五智如来と五大明王の関係性を初めて知りましたよ。

【法起寺】
画像

斑鳩地区では比較的遠く、人でもまばらなお寺。敷地は小さいながらも、所有されている十一面は中々の大きさ。難点はガラスが綺麗過ぎ、光ってしまい全体が見づらいことでしょうかね。

【法輪時】
画像

今回の旅の最大の目標であった秘仏:妙見菩薩にご対面。
御前立ちと同様の立ち居でも、かなり荒れてらっしゃいます。んがしかし、放つオーラは貫禄十分。
なぜ広目と筆をお持ちなのか?ってのが疑問だったのですが、宇宙の中心であり人の生死を司る菩薩だからなのですね、従える脇侍から見ても閻魔的な意味合いの深い菩薩なんでしょう。
法輪寺と言えば講堂の世界観。やはり何度見ても落ち着きます、良いお寺です。

【五劫院】
画像

締めは奈良の中心に戻って、東大寺隣の五劫院へ。
人生初の五劫思惟阿弥陀とご対面。そして人生初の拝観料志納。
もう五劫思惟超キュート。
お手を袖の中に納めた姿のためか、全体的に丸っとしていて可愛らしいったらありゃしませんて。
どんな阿弥陀さんなのか?と聞かれれば、「長い長い長~い瞑想の末に、ついにジミヘンとなった仏像」と説明すれば8割方終了です。アフロ犬の次はこれだと思いますよバンダイ様。

ん~。ただ一人の釈迦から、なんとも多くの仏が考えられたもんですね。
信仰のもたらす想像力には恐怖すら感じます。
次回の予定は現在未定。
GW辺りにまた、どれ程仏像が好きなのか?を試される予感がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック