石塚の喜劇IN名和書店@日記

画像


え~。
かれこれ三十ウン年この地に住んでおりますが…

こんなにも多くの人が半田街道を徒歩で歩いているのを初めて見ました。
っつーか歩きませんよ普通、危なくて。

昨日の夜あたりからちょくちょく様子を見にいってましたが、朝方から急激に増える人、人、人。見慣れた地元の風景が徐々に変わっていく様子に不安感を覚えながらも、高まる期待感。
午後2時頃から友人と共に現場へ。
小雨の中、膨れ上がるお客(?)と渋滞する車にハラハラしながら待つこと午後2時30分。「矢部っちおった!」と叫びながら走り出す小学生の機動力に軽く嫉妬。もうすぐだねぇ~と平静を装うおっさん二人。

そして午後3時。
画像


屋上からキタ----!!!
てっきり店頭での挨拶かと思っていたのに、集まったお客(?)に見やすい屋上から挨拶する99さん。この辺の「人の良さ」が皆に愛される理由でしょうか。周辺住民を甘噛みする岡村さんに、なぜか東海市で必死に常滑の説明をする矢部さん。そして妙にレスポンスが高いお客さん。ラジオ番組のイベントだからこその、この変な熱気。嫌いじゃないですよ。

いや~。子供の頃の思い出が残る地元の書店で、こんなことが起こるなんて、ねぇ。住んでて良かった。
この「石塚の喜劇」は、今後何年も名和町で語り継がれていくことでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック