千葉ロッテvs中日ドラゴンズ第3戦INナゴヤドーム@千葉ロッテ

ロン。
スタメン、代走、中継ぎ、中継ぎ。
宏之四酷使で酷使無双や!

【千葉ロッテvs中日ドラゴンズ 1勝2敗 ナゴヤドーム 31031人】
画像

*詳しくは公式スコアボード

何なんでしょうか、あの滞空時間の長い打球は。
打球を追ったサブロー・大松、そしてロッテファンが総口ポカーン状態でした。あのパワーは反則ですよ。
引っ張ったファールボールだけでドーム内がざわつきますし。
ナゴヤドームのボールボーイは居眠り禁止ですね、死んじゃいますもん。

ともかく序盤の拙攻が響きましたね。無死1・3塁から無得点という芸術的なロッテ野球が、中日吉見を立て直らせ、シンゴを久保に変えてしまった…。虎の子ならぬ鴎の子の1点を貰った直後の逆転ってのはいただけませんが、粘投で中盤まで持ちこたえるも一発に泣いたシンゴには、次回登板での活躍を期待します。
そして、もう4試連続出場中な宏之が今日も元気に2回1/3をナイスリリーフ。中継ぎで結果出してますし、このまま定着させるつもりでしょうか。定着させる前に壊れなければ良いのですが…。
野手陣ではショートで輝きを放った早坂、貫禄のタイムリーを放った井口の頑張りが際立ちました。特に早坂が好調なのが嬉しいですね。きっと名古屋の方は「不調の西岡に変わってレギュラーを奪った早坂という選手」的に見えるかもしれませんが、単純に西岡が虚弱なだけですから、あしからず。

さて、明日はカラアゲこと唐川が先発濃厚。地元紙では一軍合流した山本昌との年の差対決で持ちきりです。ヤングな投球でアダルトチームをびっくりさせてやりましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 梅雨入りの前にバットにカビが

    Excerpt: あと1本が出ずに残塁の山を築きまくるのがロッテ打線とは言いながらも、ここのところの打線の湿りっぷりは異常事態です。開幕当初には打線が得点を重ねながらも先発が崩壊をし、先発が調子を戻してくれば打線が沈黙.. Weblog: オリオン村 racked: 2009-06-06 17:22