久保のトレードに戸惑う春@千葉ロッテ

オープン戦での神戸の活躍に、G・G佐藤臭を感じてしまう春の昼下がり。
ショッキングなニュースを友人からのメールにて知ることになりました…。

久保投手と阪神タイガース橋本投手のトレードについて』(by千葉公式)
トレードの成立について』(by阪神公式)

海外へ転売されてしまった仏像が取り戻せないように、両球団の合意のもとで決まってしまった決定事項。受け入れるより仕方無いんですよね?
ですが…、正直なところ、まだ気分が落ち着きません。

2005年、「松阪世代最後の大物」という触れ込みで、当時としては珍しく自由獲得枠にて自ら進んでロッテ入団を受け入れてくれた久保。愛称が「ソニック」に決定しても、ピカチュウの被り物でヒロインを受けて以降「久保チュウ」という愛称で呼ばれ続けた久保。独特のクイック投法にて2005年にいきなりの10勝&新人王となり、アジアNo1に貢献した久保。翌年には開幕投手を務め順風満帆なプロ人生に見えた久保。徐々にネタ方面の能力を開花させ、死球王・炎上王としてこんな試合をコンスタントに演じてくれた久保。2008年には、セットアッパーとして器用さをアピールした久保。しかし、終盤には先発復帰し帳尻能力を魅せつけた久保…。
良いところも、悪いところも含めて、個人的に“気になる投手”であったことは間違いありません。

確かに昨年は満足のいく成績を残しておりませんが、それでも毎年ローテに喰い込んで来た安定した投手であったと思います。年齢も28歳ですし、まだまだこれからの投手。それだけに今回のニュースは寝耳に水でした。
投手事情から「左の中継ぎ補強なら仕方ないかなぁ~」と思っていたら、橋本は右ですし。伊藤やシコースキー、カンダや中郷、大嶺と、思いつくだけでも候補は多くいますし、久保自身中継ぎでもこだわりが無いと、今日発売の週べに語っています。
フロントが自チームでの投手育成に自身が無いのか?
はたまた推定6400万に見合う費用対効果が無いと見たのか?

どちらにしても、両投手が2005年の輝きを取り戻すきっかけになることを祈るより仕方ありません。

頑張れよ久保!
頑張ってくれよハシケン!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック